遊牧.jpg
1.遊牧〜ウール塊購入
険しい環境の中で、遊牧される羊達の毛をバザールで購入します。

women_weaving.jpg
5.織り作業
一糸一糸丁寧に織り上げて行きます。平均で1日に60cm幅で3cm織り進みます。
MVPから仕事を受注している家族では殆ど女性が織っています。
※写真は、1970年代のものです。現在、私たちが成人したトルクメン人の女性の写真を撮影することは ありません。

L1010075.jpg
2.羊毛(ウール)の仕分け
ウール塊を濃色系と薄色系に分け、各家庭に配送し、糸に紡ぎます。

DSC_0015.JPG
6.仕上げ,1(カット)
織り上がった時は、5〜6cmあるウール糸を、デザインが綺麗に現れる長さまでカットします。

juma 11.jpg
3.羊毛を染めます。
アクチャ周辺などの砂漠化した荒野にも自生している背の低い木『イスパラク』の黄色い花や茜の根っこ、藍などを用い、木を燃料にして釜で糸を染めます。

DSC_0016.JPG
7.仕上げ,2(洗いと矯正)
グランド整備のトンボのような道具で何度も何度も洗いをかけ、洗いと乾燥を繰り返します。

worker1.jpg
4.制作指示書の作成
まず、フリーハンドで方眼紙にデザインを描き写し、その後、ドットに色を加えてます。
染め上がった羊毛と制作指示書をセットで『織り』を担う契約家族のもとに届けます。